第33回全国町村監査委員協議会定期総会に最所会長が出席

 令和6年1月18日、全国町村議員会館において、第33回定期総会が開催され、本会の最所 一志会長(みやき町代表監査委員)が出席した。
 総会では、「監査機能の強化に関する要望」「町村監査体制の充実強化に関する決議」が採択された。
 採択された要望・決議事項の実現を図るための「実行運動方法」を全国町村監査委員協議会の理事を務めている最所 一志会長(みやき町代表監査委員)が提案し、満場一致で決定された。
 総会終了後、全国町村監査委員協議会 水上 雄二会長(富山県立山町代表監査委員)、灰塚 玲子副会長(北海道鶴居村代表監査委員)、西谷 康彦副会長(徳島県勝浦町代表監査委員)は総務省へ要望・決議事項の要請活動を行われた。


ー実行運動方法を提案する最所 一志会長(みやき町代表監査委員)ー