職員研修

令和4年度 市町職員研修について

地方分権による制度改革が進展し、市町村合併が急速に進行した中、地方自治体は、個性ある地域の発展を目指し、自己決定・自己責任のもとで自治体運営を行っていくことが求められています。
このような中、地域に密着した行政サービスの担い手である市町職員の果たす役割はますます重要となってきています。
こうした観点から、佐賀県町村会では、市町職員の資質の向上と能力開発を目的として市町職員研修を開催します。

研修科目概要

町村会研修(令和4年度)

研修名 対象者 実施日時 目的 内容
パソコン研修
【終了】
一般職員 4月27日(水曜日)、4月28日(木曜日)、5月13日(金曜日) 業務で利用するパソコン及び関連する知識・技術の習得または向上を目指し、業務の効率化を図る。 パソコン総合(新採職員向け)
7月14日(木曜日) エクセル応用
7月15日(金曜日) RPAによる業務の自動化
特別研修 特別職
管理職
8月30日(火曜日) 総合的視野と時流に的確な感覚を養う。 講演
市町行政講演会 市町長
一般職員
10月31日(月曜日) 各界の識者の意見を行政に活用する。 講演
総務担当課長研修 総務課長   町行政運営上の知識習得や事例研修を図る。 事例研修等
採用試験担当者実務セミナー 採用試験
担当者
  採用試験の実施上のミスの事例や全国的な傾向等を説明し、担当者としての知識の向上を図る。 試験実施上のトラブル防止
面接試験の企画・実施
市町税務職員初任者研修 税務経験
1年未満
  地方税の基本的な知識の習得を図る。 住民税、固定資産税、事例研究等
町選管委員研修 選管委員
一般職員
  選挙管理委員としての知識の習熟と、各町間の情報を交換を図る。 実務研修、講演等